〜言語辞典〜

ゲーム内に登場する様々な言語の解説です。


英数

765【765】(その他)
ゲーム中、よく目にする数字。意味は7(ナ)6(ム)5(コ)。よく見ると、交易価格はみな、 765 の倍数になっていることに気付く。
Bのちょうぞう【Bの彫像】(アイテム)
Bは Brave (勇気)の事。像のモデルはギル。出典は『ドルアーガの塔』等。
Dのちょうぞう【Dの彫像】(アイテム)
Dは Dream (夢)の事。像のモデルはピノとアチャ。出典は『トイポップ』。
Fのちょうぞう【Fの彫像】(アイテム)
Fは Friendship (友情)の事。像のモデルはクロノア。出典は『風のクロノア』。
Jのちょうぞう【Jの彫像】(アイテム)
Jは Justice (正義)の事。像のモデルはワルキューレ(TOPではヴァルキリー)。出典は『ワルキューレの冒険』等。
Lのちょうぞう【Lの彫像】(アイテム)
Lは Love (愛)の事。像のモデルはカイ。出典は『ドルアーガの塔』等。
N・G【Namco G?】(武器)
ナムコの広報誌。かなり昔に無料配布されていたが、現在では廃誌され、NOURS(ノワーズ)に。
S・D【そーでぃあん・でぃむろす】(武器)
テイルズ オブ デスティニーに登場する物言う剣。正確には人格が投射され、意思を持つ剣。
Sフラッグ【Special Flag】(アイテム)
かつて、ナムコのゲームの1UPアイテムの定番だった。
TOP【トップ,ティーオーピー】(その他)
テイルズ オブ ファンタジアの省略形。

ア行

アイヴォリー【ivory】(アイテム)
象牙。これで作った雀牌は、魔力を秘めるという。
アスカ【飛鳥・明日香】(特技)
(1)光の精霊。トール市民によって捕縛された。認識番号WOC16527。
(2)奈良南部の一地方の地名。
アセリア【】(その他)
物語の舞台となっている星の名前?
――れき【アセリア歴】(その他)
現在用いられている年歴。かつては太陽暦が使用されていたとみられるが、ラグナロク後消滅した模様。
アルヴァニスタ【Arvanista】(地名)
王国名。かつてはミッドガルズ王国と並ぶ大国として存在したが、未来においては世界最大の国家となっている。魔術の研究に力を注ぎ、王宮魔術師のルーングロムは良い理解者にして良い助言者となる。
アーリィ【Ary】(地名)
南部に位置する大陸名。或いはそこにある町の名前。
――たいりく【アーリィ大陸】(地名)
元々鉱山資源によって栄えた大陸だったが、ダオス出現とともに山一つを失い、闇に閉ざされてしまっている。
イシュタル【Ishtar】(その他)
(1)伝説の女神で、イシターとも。悪魔ドルアーガに捕らえられていたのを勇者ギルガメスが救ったという伝説が残る。
(2)アッシリア人の戦争の神。地母神。
(3)ギルガメシュ叙事詩において、女神イシュタルはギルガメシュに求愛するが、拒絶される。
イラプション【eruption】(特技)
(1)炎系魔術。
(2)噴火、爆発、噴出。
インディグニション【indignation】(特技)
(1)雷系魔術。
(2)憤慨。憤りなく嘆くこと。ひどく腹を立てること。
ヴァルハラ【Walhalla(独語)】(地名)
(1)ミッドガルズ一帯の地方名。
(2)北欧神話などにおいて、戦死者が訪れるといわれている世界。あるいは館。
――さんみゃく【ヴァルハラ山脈】(地名)
ミッドガルズ王国南東部の山脈名。その大きさは世界一。
――せんえき【ヴァルハラ戦役】(その他)
アセリア歴4202年に、勃発した歴史に残る大戦。クレス達の知る歴史ではエドワードの活躍があったのだが、歴史は変わる事となる。
――へいげん【ヴァルハラ平原】(地名)
ミッドガルズ王国北部に広がる平原。一部を雪が覆い、雪原と化している。ヴァルハラ戦役の舞台となる。
うわばみ【蟒蛇】(称号)
(1)アーチェの称号。
(2)大酒呑み。
(3)大蛇。特に熱帯産のものを指す。
エクスカリバー【Excalibur】(武器)
(1)ドワーフの創り出した最高最強の名剣。あまりにもの強力さに封印された?
(2)アーサー王が使ったとされる伝説の聖剣。
エルフ【Elf】(種族)
亜人。エルフ族とも。容姿は端麗にして聡明で、長寿。外見的特徴としては耳の先端が尖っているのが一般的だが、TOPの世界観ではそれほど際立ってはいない。魔術を先天的に扱えるが争いを好まず、それが原因でアセリア歴4190年頃を境に人間との共存を止め、ユミルの森に移り住むようになる。現在ブラムバルドが族長を務めている。
オリジン【Origin】(精霊)
(1)根源の精霊。
(2)根源の意。オリジナル(original)。
オリビ【OLIVI】(地名)
オリーブヴィレッジの略。アーチェによる造語。
オーディーン【Odin】(古代神)
(1)超古代より存在する神。その魂は今も炎の剣(フランヴェルジュ)に宿るが、時として肉体を持つ姿で現れる。
(2)北欧神話の主神。独眼で、戦神、天候神、創造神等、様々な側面を持つ。八脚馬スレイプニルを駆り、武器は神槍グングニルを持つ。配下として、ヴァルキリーを連れる。
――きょうわこく【オーディーン共和国】(地名)
超古代文明都市の一つ。現在のフレイランドの火山地帯辺りに存在したらしいが、現在では当時の建造物の炎の塔を残すのみとなっている。フェンリル王国と交戦していたと記録に残る。

カ行

かちょうふうげつ【花鳥風月】(アイテム)
自然の美しい景色を表す言葉。
かに【蟹】(甲殻類十脚目短尾亜目)
ある時は邪魔者、ある時はモンスター、ある時はアーチェとともに飛行するこのゲーム最大の謎の1つ。とは言っても、ただのカニじゃん?
カーディナル【Cardinal】(称号)
(1)ミントの称号。
(2)枢機卿。カトリック教会において、教皇(Pope)の次の位の教職。
ギルガメス【Gilgamesh】(称号)
(1)クレスの称号。
(2)ドルアーガの塔で戦ったギルの正式名称。
(3)ギルガメシュ、ギルガメッシュとも言う。メソポタミアの神話の英雄で、その遍歴の叙事詩が残る。
グーングニル【Gungnir】(武器)
オーディーンの所持する神槍。槍の分類としては投槍。北欧神話の神、ロキに献上された。
けいやくのゆびわ【契約の指輪】(防具)
ルーンリングが正確な名前で、契約の指輪とはクラースが独自に付けた名前。エルフとドワーフの合作で、現代では創造できない。尚、その12種類の宝石は、誕生石から構成されている。
こうえきひん【交易品】(アイテム)
地域によって売価が異なるアイテム。それ単体では何の役にも立たない(アイヴォリーは除く)。
ごしんじょうのちょうぞう【五信条の彫像】(アイテム)
信仰の箇条、固く信じる事柄を彫像にして表したもの。詳しくは、Bの彫像、Jの彫像、Fの彫像、Lの彫像、Dの彫像の項を参照。

サ行

サンダービーム【Thunder beam】(特技)
(1)雷系魔術?。
(2)某社刊行のSFC版TOPの攻略本の誤植、『とくにサンダービームは役にたつので、ぜひ買っておいたほうがいい』という記述から生まれた魔術。多分、サンダーブレードとトラクタービームがくっ付いたのでは? 尚、買う事はできない。
ジャポン【Japon(仏語)】(地名)
世界に250存在するという少数部族の一つで、忍者集団。閉鎖的部族のため、他と文化がかなり異なる。各国の間者(スパイ)活動を生業としている。
じらいや【児雷也】(特技)
(1)毬栗流忍術。
(2)中国の小説に登場する怪盗。蝦蟇(ガマ)の妖術を使う。歌舞伎にも脚色された。
しらぬい【不知火】(特技)
(1)毬栗流忍術。
(2)九州の八代海で見られた海上に浮かぶ火影の事。烏賊(イカ)釣船の漁火との説が有力。
シルヴァラント【?】(星)
物語の世界となっている星を回る衛星の一つ。公転周期約35日。オープニングムービーや戦闘画面、レアバード飛行時などでその姿を確認できる。

タ行

タイダルウェーブ【tidal wave】(特技)
(1)水系魔術。
(2)大津波。
テイマー【tamer】(称号)
(1)クラースの称号。
(2)調教師。
テイルズ オブ ファンタジア【TALES OF PHANTASIA】(タイトル)
tale は、お話、物語。phantasia は phantasy(fantasyと同意)という名詞を変形して地名的にしたもの。よって、テイルズ オブ ファンタジアは幻想世界の物語といった意味。略すと、TOP。間違ってもTOFではない。
テセアラ【?】(星)
物語の世界となっている星を回る衛星の一つ。公転周期約42日。オープニングムービーや戦闘画面、レアバード飛行時などでその姿を確認できる。
デリス・カーラーン【?】(星)
ダオスの住んでいた母星。全人口は約10億人。何らかの危機に陥っているらしいが、詳しくは言及されていない。
デロイノぞく【デロイノ族】(種族)
ユークリッド王国の前身である共和国時代の構成部族の一つ。
てんちじん【天地人】(アイテム)
宇宙の万物。
テンペスト【tempest】(特技)
(1)風系魔術。
(2)災害、暴風雨。
とりゅう【屠龍】(特技)
(1)弓術。
(2)『屠る(ほふる)』とは、切り裂く、敵を破ると言う意味。
ドワーフ【dwarf】(種族)
亜人。ドワーフ族とも。既に滅び去った種族。手先が器用で、様々な道具を作成したらしい。モーリア坑道下層にその住居跡を遺し、最下層には神殿が建造されている。
トール【Thor】(古代神)
(1)かつて超古代に存在していたといわれる都市名。
(2)北欧神話の雷神。ソールとも言う。第二の主神とも言える。
ちょうこだいとし――【超古代都市トール】
超古代文明の中で最大の技術力を誇っていたと考えられる。他の二大国と比べて平和主義的だったが、サミエル彗星落下による滅亡を避けるため、海底に自ら都市を沈没させた。だが、結局市民はいなくなった。

ナ行

ナムコ【namco】(会社)
TOPの販売元。『NAkamura Manufacturing COmpany(中村製作所)』の事。765。
にんじゃ【忍者】(職業)
ジャポンに伝わる職業。その主な目的は偵察などのスパイ行為だが、戦闘能力も高い。女性の忍者はくノ一と呼ばれる。多くの忍者がダオスに(DARKEYE?に)洗脳され、意思とは関係なく殺戮行為を行っている。
――のさと【忍者の里】(地名)
忍者の住む集落。トレントの森にあるようだが、忍者の協力が無いと常人にはたどり着けない。

ハ行

ビッグバン【Big Bang】(特技)
(1)闇系魔術。禁呪文。
(2)宇宙開闢(かいびゃく)の大爆発。転じてそれに相当する高エネルギー爆発。
ファーストエイド【first aid】(特技)
(1)法術。
(2)応急手当。
フェンサー【fencer】(称号)
(1)クレスの称号。
(2)剣士。fencing(フェンシング)をする人。
フェンリル【Fenrir】(古代神)
(1)超古代より存在する神。その魂は今も氷の剣(ヴォーパルウェポン)に宿る。
(2)地を揺らすものという意味の名を持つ狼。更には、狼王。北欧神話の神、ロキの息子。グレイプニルと呼ばれる足枷につながれ、ラグナロクまで動けないという。
――おうこく【フェンリル王国】(地名)
超古代文明都市の一つ。現在のフェンリル大陸に存在したらしいが、現在では当時の建造物のフェンリル教会を残すのみとなっている。オーディーン共和国と交戦していたと記録に残る。
ブッシュベイビー【BushBaby】(哺乳類)
夜行性の小動物。トレントの森に多く生息する。深部に住む中には、人語を喋るのもいる。侮れない。
プライマル・エルブン・ロアー【Primal Elven lore】(言語)
古代エルフ文字。旧体系の文字だが、今でもエルフ、ハーフエルフにとっては当然のように読める。
プルート【Pluto】(特技)
(1)魔界の王。ケルベロスを配下に連れる。
(2)ローマ神話における冥府の神。冥王星。ちなみに、プルトニウムの語源。
ヘイムダール【Heimdallr】(地名)
(1)エルフの聖域。
(2)北欧神話の祖神。ヘイムダッルとも言う。「白き神」と呼ばれ、神々の中で最も美しいとされる。ラグナロク後も生き残り、新世界を統べる神の一人となる。
ペガサス【Pegasus】(種族)
(1)有翼馬。
(2)ギリシャ神話に登場する天馬で、白き姿で翼を有している。天空を駆けるようにして飛ぶ。
ベルセルク【berserk】(称号)
(1)クレスの称号。
(2)狂暴である。
ボインちゃん【boin?】(称号)
(1)ミントの称号。
(2)豊満な胸の事。意外と、ね。
ポープ【Pope】(称号)
(1)ミントの称号。
(2)ローマ教皇。カトリック教会における最高位で、俗に法皇と呼ばれる。

マ行

まかがく【魔科学】(その他)
魔術と科学の融合を目的とした研究。ソーサルテクノロジーとも言う。研究所は過去ではミッドガルズ、未来ではユークリッドに存在する。夢のエネルギーかと思われていたが、あまりにも大量のマナを無尽蔵に消費するため、マナを生成する世界樹ユグドラシルは朽ち果てようとしている。魔科学を使った物に、魔導砲やレアバードなどがある。
マナ【Mana】(その他)
魔力の素のような物質。魔術的光合成と呼ばれる方法で生成される。魔術を使用するための源となるほか、「大いなる実り」のもとにもなる。
まんじゅしゃげ【曼珠沙華(梵語)】(特技)
(1)毬栗流忍術。
(2)天上に咲くといわれる想像上の花。或いは、彼岸花(ヒガンバナ)の別称。
マーテル【Martel】(精霊)
世界樹ユグドラシルの精霊。一部では地母神として崇められている。ちなみに、契約はできない。
ミッドガルズ【Mid galds】(地名)
(1)大陸名。或いは地方名(地域名)。或いは王国名。
(2)北欧神話において、人間が住む中央の国の意。
――おうこく【Mid galds王国】(地名)
世界最大最強の軍隊を持ち、魔科学の研究にも長けていた国家。尚、そこに存在する店は、頭にドラゴンと付けるとナムコのゲームのタイトルになる。
メイルガンぞく【メイルガン族】(種族)
ユークリッド王国の前身である共和国時代の構成部族の一つ。
メイルシュトローム【Maelstrom】(特技)
(1)水系魔術。
(2)大渦巻き。
メテオスォーム【Meteorite swarm】(特技)
(1)無系魔術。
(2)隕石の大群。

ヤ行

ユグドラシル【Yggdrasil】(その他)
(1)世界樹。魔術的光合成によってマナを生成する。だが逆に、マナが枯渇すると枯れてしまう。精霊マーテルが宿っている。尚、ダオスはユグドラシルの事を大樹カーラーンと呼ぶ。
(2)北欧神話における世界樹でイグドラシルとも書く。運命の女神、ノルン三女神(ウルド、ベルダンディ、スクルド)がこれを守護する。
ユニコーン【Unicorn】(種族)
一角獣。白馬の姿に額に一本のねじ巻き状の角を持つ。とても神聖なる存在。清らかな乙女(処女の事?)のみ合う事ができ、それ以外の人物が近づくと、姿を消してしまう。
ユミル【Ymir】(地名)
(1)水鏡ユミルの森の事。
(2)北欧神話において、最初の巨人。Ymirとは、両性具有者、巨人の由来であり、イミルとも書く。

ラ行

ラグナロック【Ragnarok】(その他)
(1)超古代に起こった大戦。オーディーン共和国、フェンリル王国間の戦いが飛び火し、世界は一度滅亡しかけた。
(2)北欧神話における終末、最終戦争。ラグナ(ragna、或いはregin)は偉大なる神々の意。オーディーン、トール、フェンリルを含め、ほぼ全ての神が死に絶える。神々の黄昏と訳す事もある。
ルナ【Lunar】(特技)
Lunar element(月の精霊)の略。

参考文献:虚空の神々(新紀元社)/広辞苑(岩波書店)他

- 戻る -